朝ドラ「べっぴんさん」 第12週 『やさしい贈り物』 第67話 あらすじ

連続テレビ小説

朝ドラ「べっぴんさん」 第12週 『やさしい贈り物』 第67話 あらすじ

第12週「やさしい贈り物」第67話 キアリスガイド

すみれが仕事を辞めるのを聞いて喜ぶさくら。

 紀夫は、「ほんまにええんか?」というのみ。

 すみれがいなくなるのは、辛いがすみれの気持ちを汲んで、必至で明るく

送り出そうとする三人。大急の支店の悦子らも、びっくりし不安がる。

 仕事の引き継ぎの際、明美のベビー相談室の育児の方法や離乳食等を

まとめて、お母さん方に配ってはどうかと提案し、みんな賛成する。

 経理を手伝いに来ている3人の夫は、そんな大事なことを教えてしまっては、

みんな真似すると反対するが、助かる命を救ったり、事故防止にもなり、

もっと大きく考えることが、大事と説得する。

 妊娠の報告に来たゆりと潔もすみれがキアリスをやめると聞いて驚く。

 妊娠報告により、ひさしぶりの歓喜の声で家が和むとともに、子育て相談

をまとめるのは、助かると喜ぶ姉のゆり。

 ゆりは、潔に男の子と女の子とどっちがいいかと尋ね、どちらでもいいが、

男の子なら、坂東営業部を継いでくれる子になって欲しいという。それに対し

ゆりは、不満げな顔をする。

 いよいよ、すみれが辞める日、「子育ての道しるべ」という意味で、

「キアリスガイド」と名付け、すみれが書いた原稿を3人に託し、感謝する。



【感 想】 

男と素人の3人の女性の考え方の違いに、びっくりする。

 男は、営業に慣れているが、女性の商売だけじゃない事業に大きな力を感じる。

 それと紀夫君の態度に、不満が溜まる。「おれが手伝うから、おまえは

キアリスで頑張れ」とは、言えないのか? 

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

月別アーカイブ