朝ドラ「べっぴんさん」第25週『時の魔法』第141話 あらすじ

連続テレビ小説

 朝ドラ「べっぴんさん」第25週『時の魔法』第141話 あらすじ

 第141話 「夢を託して見守る」

銀座にキアリスの総合店を出店するかどうかをみんなの意見を聞く紀夫社長。

 大方の意見は、今、夢を諦めるというのは、一生諦めることと同じなので、集大

成という意味でも、夢を叶えたいということでした。

 「やりたい気持ちや夢は分かります」が、「銀行が無理だということは、今のキ

アリスの身の丈に合っていない」といことだという健太郎部長の意見でした。

 そして、さらに「古門社長の力で、自分達の夢を叶えようというのは、キアリス

らしくない。

 背伸びせずに、地に足を着けて、やっていくのがキアリスだと思う」と続ける。



 KADOSHOの古門社長を訪ね、資金提供の件を礼を言ってお断りする紀夫、

すみれ、健太郎でした。

 驚いた古門社長は、「それでいのか?日本は、戦争に負けてすべてを失った。今

度は、それを取り返す番で、世界に勝ちに行こうじゃないですか」という。

 すみれは、「焼け野原になった悲しい思いを、歯を食いしばって乗り越えて行く

生き方もあると思いますが、私は今を生きていきたいと思います。勇気を持って、

愛情を胸に、信頼する仲間たちと希望を持って生きていきます。」という。

 さらに、「私は孫が生まれて、その孫の成長をずっと見続けていたいと心から思

いますが、それは抱きない。人は生まれたら、いつか死にます。それが、順番だか

ら。」という。

 そして、すみれは続けて、「私達は、キアリスの木の種を植えた。それが、大き

く育ち花開く瞬間を見たい。でも、見ることが大事なんではなく、花開く日を信じ

て、見守ることも大事だと、改めて気づいたんです。だから、私達の夢を私達が叶

えなくてもいいんです」という。


 話を聞いていた古門社長は、「出発点は同じでも、考え方も歩み方もすべてが君

たちとは違う。だが、それはそれで、素敵な生き方だと思う。」という。

 3人は、古門社長に、丁寧に礼を言って帰る。

 
 キアリスの事務所の前に立ち、今までを振り返るすみれ。

 そして、麻田さんの「誰でも、最初から上手く行かない。しかし、思いを込めた

ら伝わる。誰がどんな思いを込めて作るのかが、一番大事なんです。」という言葉

を思い返す。また健太郎部長の「僕たちが、みなさんの夢を叶えるので見守って下

さい」という言葉も、よみがえる。


 「レリビィ」に、他の3人を呼び出し、キアリスからの引退を切り出すすみれ。

 それに、みんな同意し、「そろそろ、次の人生に進む頃」という点で一致する。

 そのことを紀夫に伝えると、紀夫も同じことを感じており、「キアリスの大事な

所は、すでに引き継がれている」と話す。 頷くすみれでした。


【感 想】

 古門社長の考え方とすみれ達の考え方のどちらが、正しいということなくどちら

も、立派な考え方だと思う。

 でも、どこに目を向けて考えるかで、考え方が大きく異なる。

 何もなくなった過去にフォーカスして考えるのか、立ち直った現在にフォーカス

するかによって全く異なる。

 私は、今にフォーカスして、未来に託したいですね。

 皆さんは、どうお考えになりますか?

 でも、色々苦労した分、親の思いやキアリスの思いは、健太郎やさくらに十分伝

わったのだと思いますが、いかがですか?

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

StartRush
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

タグ

月別アーカイブ