朝ドラ「ひよっこ」第16週『アイアイ傘とノック』第91回 あらすじ

連続テレビ小説

朝ドラ「ひよっこ」第16週『アイアイ傘とノック』第91回 あらすじ

第91回 「愛子との再会」

 島谷君とみね子が恋人同士となり、島谷君が富さんとの話もあり、佐賀に帰って

いる間に、何度か店の周りをうろついていた愛子さんとやっと巡り合えたみね子で

した。

 会った時、愛子から、「何で早く見つけてくれなかったの」という言葉に、驚く

みね子。

 愛子は、向島電機が倒産してから、小田原の弟さんの家に身を寄せていたが、な

ぜか居づらくて、新しい仕事が見つかったと嘘をついて東京に出てきたと言う。

そして、こんな年の独り者の女には、中々仕事が見つからず、今職探し中だと言

う。

 みね子が、ここに居るんだと思うと、会いたくて、話したくて、来てしまったと

いう愛子でした。

 みね子が会えて、すごくうれしいと言っているところに、シェフの省吾が、休憩

に店の裏に出てくる。

 それを見た愛子が、省吾に一目ぼれする。

 みね子は、愛子を省吾に紹介し、省吾は、愛子を店の中に入るように勧める。

 中で、愛子は高子と鉢合わせする。

何度か、高子は愛子に会っているが、声をかけても入ってこないので、不審者と

思っていたので、ビックリする。

高子は、愛子が、みね子の工場で働いていた時の舎監と聞き、驚く。

愛子は、自分の仕事のことが、上手く行っていなくて、みね子に会いに来ていた

が、どうしても入りにくかったと事情を説明する。

 愛子は、鈴子を紹介され、今までの事情を説明する。

 そして、愛子は、「わたしは、女一人で、仕事もなく何の価値もないのだろう

か。これからどうなるのだろうか」と悲観した言葉を口にする。

 それを聞いたみね子は、「辛いことが会った分、これから私は、幸せしか待って

いない。これからの私は、大変なことになってしまう」と言っていたじゃないです

かと元気づける。

 みね子の話を聞いて、「それを、忘れかけていた」と話す愛子でした。

 愛子は、みね子に会えて、嬉しかったのと、もっと図々しくならないと思い、省

吾に会って一目ぼれしたことを思い切って告白する。

 告白したことで、急に元気が出てきて、頑張れるきがするという愛子。

 鈴子は、「こんなので良かったら、いつでも、どうぞ」と省吾のことを、簡単に

承認する言い方をする。

 びっくりする省吾に、「どうなの、あんたの気持ちは」と聞く鈴子。

 慌てて、省吾の言葉を制止する愛子は、「いいえ、恋していることが大事で、結

果ではない。失恋させないで下さい」という。


 元気になった愛子は、この近くの会社に就職を決めて、すずふり亭に通うように

なる。

 愛子が元気になったのを喜ぶみね子は、「シェフ、愛子さん、オムワンです。」

と元気に注文する。

 厨房では、その注文を、そのまま繰り返す元治と秀さんでした。



 そのことを時子に報告するみね子は、「すごいね。恋の力って」という。

 それに対し、「みね子から、そんな言葉が聞けるなんて、恋人が恋しくなったの

かな」とからかう 時子でした。



 一方、三男は、米屋の仕事にも慣れ、順調に仕事をこなすようになりました。

 さおりの伝票のミスを書き換えるという配慮もできるようになっていました。

 自分の思い通りになって来たと喜ぶ店主の阿部善三でした。

 この店は、跡取りがいないので、一人娘が婿を取って、後を継ぐことになる。

 ところが、娘が全然愛想がなく、もてない。

 そこで、親が何とかしてやらなければならないで、三男を雇ったという。

 それを聞いたさおりは、「私は、自分が好きになった人と結婚します。あんたが

決めることじゃない」という。

 三男は、さおりの話を聞いて、「そうですよ。さおりさんの言う通りです」とい

う。

 それに対し、「さおりって、誰?」という善三でした。親が、米屋だから、安部

米子と名付けたのに、気に入らないから、自分で勝手にさおりという名前に変えた

ことを初めて明かす善三でした。

 さおりは、善三が米屋だからと安易に名前を偉付けたことを非難して、「私は、

あんたに決められた人とは、結婚しません。ただ、私が三男君を好きな場合は、

別。私は、あんたに決められたからではなく、三男君が好きだ」と告白するさおり

でした。

 「えっ」と、意外な展開に驚く三男でした。

 反対に、「よし、決まりだ」という善三。

 そこに、いきなり、茨城からやって来た三男の兄と時子の兄太郎が、善三を訪ね

て、はるばる茨城からやって来た

 いきなり、さおりが三男の兄太郎に、「三男君を下さい」というと、とっさに

「ハイ、わかった」と答えてしまう太郎でした。



 島谷君は、佐賀から帰ってきたが、とても悩んでいる様子です。

【感 想】

 愛子さんを見ていて、思います。

 人は、恋をすると本当に元気が出てくるものですね。

 一方、三男君は、やばいですね。

 仲の悪い親子の利害が一致しました。善三の決めた相手とは、結婚しないが、さ

おり自身が、三男を好きなのだから、仕方がない。

 三男にとっては大ピンチです。兄たちが、善三に会いに来たということは、農業

のことで善三に相談等があって来ているのだろうから、もっと事態は深刻です。

 三男君の好きな時子との思いは、どうなるのでしょうか。

 でも、時子が三男を選ぶとは限らないから、三男君にとってどちらが、幸せかは

わからない。

 でも、三男君は、東京で恋をしたいのでしょう。

 この恋の行方はどうなるのか?


 さらに、もっと深刻なのは、島谷君とみね子の関係ですね。

 やはり、家柄が違いすぎますからね。

 鈴子や富さんの予想通りとなりましたね。

 それは、誰もが予想したことではありますが…。

 これからの展開が、と手も気になります。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

タグ

月別アーカイブ